高等学校等就学支援金制度とは?

高等学校等就学支援金制度とは?

就学支援金

ページ内メニュー

▷ 高等学校等就学支援金制度とは?
▷ 就学支援金が受給できる高校の種類は?
▷ 就学支援金の受給資格認定は?
▷ 支給額については?
▷ 就学支援金の申請はどうすればよいの?
▷ アイエス学園では.....

高等学校等就学支援金制度とは?

高等学校等就学支援金制度とは、高校等進学の際、ご家庭の教育費の負担軽減を図るための制度です。
高校等の学費の一部を国が負担してくれます。

全国の高校等に在籍している生徒の約8割がこの制度を利用しています。

就学支援金が受給できる高校の種類は?

就学支援金が受給できる学校の種類は下記の学校になります。
・国立・公立・私立の全日制・定時制・通信制高校(高専や専修学校等も含む)

ただし、下記に該当する方は受給対象となりません。
・保護者等の年収目安が約910万円以上の方
・高校等を卒業もしくは修了した方
・高校等の在籍期間が36月(定時制・通信制は48月)を超えた方

また、専攻科、別科も適応されません。
多数の高校で就学支援金は適応できますが、対象外の学校もありますので、ご注意ください。

就学支援金の受給資格認定は?

就学支援金を利用する為には、申請が必要となります。
入学する際に学校から案内されますので、書類を学校に提出してください。

提出された書類によって、受給資格の認定が行われます。

支給額については?

・公立の通信制高校の場合、定額授業料なら月額520円、
・単位制授業料なら336 円/単位(通算74、年間30 単位まで)、
・私立の通信制高校の場合、定額授業料なら月額9,600円、
・単位制授業料なら4,812 円/単位(通算74、年間30 単位まで)、
となっています。
また、支給期間の上限は48月です。

また、世帯所得が低い家庭では受給できる金額が増加します。
公立高校は年額支給額が11万8,800円で所得によって変わる事はありませんが、私立高校の場合は、所得に応じて支給額が変わります。

年収が250万円未満だと11万8,800円の2.5倍の29万7,000円を年額で受給することができます。
年収が250万円~350万円だと2倍の23万7,600円を受給することができ、
年収が350万円~590万円だと1.5倍の17万8,200円を年間で受給することができます。
(所得額の判断基準は道府県民の税所得割と市町村民税の所得割を合算した額で算出しています。)

就学支援金を受給することで、学費の負担を軽減することができます。

就学支援金の申請はどうすればよいの?

入学時に高校から案内があります。
また、申請には下記の書類が必要です。

・申請書
・課税証明書もしくはマイナンバーが確認できる書類

就学支援金以外でも授業以外の教育費を支援する高校生等就学給付金や都道府県によっては、独自の支援がある場合もあるので、確認することを進めます。

アイエス学園では.....

本学園では技能連携先である科学技術学園高等学校の授業料に上記の就学支援金を適用することができます。
学費の負担を軽減することが本学園でも可能です。
詳しくはお問い合わせ下さい。