サポート校の学費

サポート校の学費

学費

2019.2.22記事UP

ページ内メニュー

▷ サポート校の学費
▷ 本学園では...

サポート校の学費

サポート校を検討されている時に学費が気になる方もいらっしゃると思います。
サポート校は一般的には通信制高校へも同時に入学し、二つの機関に同時に在籍することになりますので、ダブルスクーリングという形になります。
学費に関してはサポート校と通信制高校、別々に支払わなければいけません。

そのため、サポート校に在籍すると、週の登校日数によって学費が変わってくるものの、学費としては通信制高校のみに通うよりは高価になります。
学費は通信制高校のみで通うよりは高くなるかもしれませんが、その分、勉強面や生活面などでのサポートを受けることができるというメリットがあります。

通信制高校の登校日数が少ないコースでは確かに学費は安いですが、登校日数が少ないので自分でレポートなどを進めなければならず、途中で挫折してしまったり、なかなかレポートが仕上げられなかったり、分からないところを聞けなかったりと制約が多いです。
しかしながら、サポート校だと、レポートの作成や勉強のサポート、精神面でのサポートを受けられるので、挫折せずに高校を卒業することができます。

つまり、サポート校は通信制高校で自力でレポートを作成することに不安を感じている方や、自力で勉強を進めることが不安な方、スクーリングが苦手な方などに向いているのです。
サポート校に通うと通信制高校のみ通うよりは学費は高くつくかもしれませんが、高校卒業をより確実にできると考えたらそこまで高くはないかもしれません。

本学園では...

本学園では、個別指導科がサポート校のようなコースにあたります。
個別指導科は週に1~2回登校を基本としていますが、週に通う日数により学費が変わってきますので、お問い合わせください。
本学園の個別指導科は、レポート作成やスクーリングの指導があり、高校卒業ができるようにサポートしてまいります。
また、精神面でも、本学園にはカウンセラーがいますので、困ったことや不安なことが相談でき、安心して通う事ができます。

また、高等学校等就学支援金という制度もあります。年収が910万円未満のご家庭では、科学技術学園高等学校の授業料が全額支給対象となります。
詳しくは文部科学省のページをご覧ください。

上記の様に、サポート校は、通信制高校単体で通うよりは多少学費は高いかもしれませんが、過去に不登校やいじめを経験した人でも安心して通えるような取り組みをしているので、おすすめです。

もし、奈良県近隣でサポート校をお探しならぜひアイエス学園までご連絡ください。