通信制高校とは?

通信制高校とは?

通信制高校とは?

2018.1.7記事UP

全日制の高校に通うことが困難な方も、通信制高校で高校卒業資格の取得を目指すことができます。
通信制とはどのような形式か、アイエス学園の立ち位置はどんなものか説明していきます。

ページ内メニュー

▷ 通信制高校とは?
▷ 技能連携制度
▷ 定通併修制度
▷ 卒業要件
▷ サポート校
▷ スクーリング
▷ アイエス学園の立ち位置は?

約5分半で読めます 「すぐ結論が知りたい!」という方は「3行要約」をご覧ください

通信制高校とは?

通信制高校とは、学校教育法第4条において「通信による教育を行う課程」で教育を行う高校と定められています。
テレビやインターネット等で授業を受け、レポートや試験で単位を取得し、高校卒業資格を取得するのです。

学校教育法が制定されて以来、通信制高校は「全日制・定時制の高校※1に通学することができない青少年に対するもの」と定義されてきました。
しかし、現在ではその理由だけでなく、将来を前向きに開拓しようという理由で通信制を選択する方も少なくありません。
例えば、学業以外の活動で夢を追う傍らで学ぶ、自分のペースで自分が学びたいことを学ぶ、という理由があります。

※1 どちらも学校の履修形式です。全日制は平日(毎日毎週)の昼間に授業を行います。
定時制は夜間など特別な時間に授業を行います。

通信制高校では、全日制とは異なる様々な制度がございます。
これらの制度について、ざっとご紹介していきます。

技能連携制度

都道府県が認定した専門技能教育施設で教育を受けると、その施設での学習を教科の一部の履修とみなすことができる制度です。
詳細は「技能連携校」のコラムをご覧ください。

定通併修制度

通信制の生徒が定時制高校(または定時制高校の生徒が通信制)で一部の科目の単位を取得したとき、取得した単位を卒業に必要な単位に含めることができる制度です。

卒業要件

卒業に必要な在籍年数と単位数に関しては、全日制・定時制と同じく3年以上・74単位以上となります。

通信制高校の卒業要件には、上記2つの条件の他、特別活動(ホームルーム・部活など)30単位時間以上の参加が加わります。

サポート校

通信制高校に通う生徒をサポートするための、民間による施設です。
詳細は「サポート校」のコラムをご覧ください。

スクーリング

一定の時期に行われる※2面接指導です。
内容としては、校舎などで授業を受けて、実験・実習や質疑応答を行います。

※2 課目によって回数が決められています。

アイエス学園の立ち位置は?

アイエス学園高等部では、一般教養科・個別指導科の両方とも通信制高校「科学技術学園高等学校」に在籍して頂くことになります。

一般教養科は、「科学技術学園高等学校」の技能連携校として、全日制のように週5日登校することで、高校卒業資格の取得を目指すコースです。
専門技能としては、商業科目の授業に力を入れています。

個別指導科は、「科学技術学園高等学校」のサポート校に似た立ち位置のコースです。
「科学技術学園高等学校」のe-ラーニング授業と併用して週に1~2回を目安に登校して頂き、基礎学習支援などを受けつつ高校卒業資格の取得を目指していきます。

2つのコースは途中でどちらかに変更することも可能です。
各コースの詳細は、上にリンクのある紹介ページをご覧ください。

3行要約

・様々な事情で高校に通えない人も、通信制高校で高校卒業資格を取得可能。
・通信制高校では、一般的な全日制高校とは異なる制度も色々見られる。
・アイエス学園高等部の生徒は、通信制高校「科学技術学園高等学校」に在籍する。学び方は様々。