お問合せ

資料請求

学校見学

単位制とは?

単位制とは?学年制とは何が違うの?

単位制

単位制とは?

単位制とは授業の科目を単位といい、学習時間ごとに区分けしている方式です。単位制は一部の全日制高校や定時制高校、通信制高校にて導入されています。

高校卒業資格の条件のうちの一つとして必須科目を含む74単位以上を取得することとあります。
学年制の学校だと、1年間でとらなければならない単位が決まっており、落としてしまいますともう一度その学年をやり直さなければならないというデメリットがあります。しかしながら、単位制ですと、3年間で74単位取得すればよいので、1年間で単位がそこまで取得できていなくても留年することはありません。

つまり、単位制は3年間で74単位を修得できていなければ卒業できませんが、留年という概念はありません。

単位制のメリット

学年という概念がないので、自由に自分のペースで勉強を進めることができ、自分のやりたいことに時間を割くことができます。
また、進学したい大学の試験で必要となる強化を重点的に学ぶこともできます。
文系理系の選択を変更できるという点(文理に分かれる概念がない)もあります。

単位制のデメリット

学年生と違いクラスや学年というものがない学校も少なくなく、授業ごとに人も異なるので、自分から積極的にコミュニケーションを取らないと、なかなか仲良くなるのが難しいかもしれません。

また、カリキュラムを組むときに自分で組まなければならないので、必修科目の取り忘れ等に自分で注意していかなければなりません。

アイエス学園では…

アイエス学園の個別指導科では、通信制高校と提携していますので、単位制を導入しています。
単位制ですので、単位をいくつか落としてしまっても、後半でしっかりと取得すれば3年間で卒業することが可能です。
また、現在別の学校に通っていて留年が決定してしまったとしても、アイエス学園ならしっかりと3年間で卒業することが可能です。

また、先ほど、単位制のデメリットで述べた、授業ごとによって合わせる顔が異なるという点もアイエス学園なら、少人数制ながら、学年制も取り入れているので、そういった面の心配はいりません。
気になる方は是非一度ご見学下さい。